電気料金を比較すれば費用がグッとさがる!

メリットばかりではない

電力自由化によりたくさんの事業者が参入し消費者にとっては選択肢が増えました。上手に利用することで現在よりも電気料金を抑えられるだけでなく生活の質を向上させることも可能になります。とはいえ新しく契約する際には契約内容をしっかり確認することが失敗しないポイントです。

運用後の対応が大切

バイオガス発電を導入する時には、運用時のメンテナンスがきっちりできる業者を選んでください。バイオガス発電は生き物である微生物のガスを使って発電するので、世話の仕方を間違えると効率よくガスを生成してくれませんので、運用面の知識や経験が豊富な業者を探して利用して下さい。

電力会社の見直しをしよう

2016年4月から電力自由化が始まって、電力会社の見直しをする事で電気代が安くなる場合も有るので、チェックする事をおおすすめします。電力会社の見直しは、電力自由化に関する比較サイトのシミュレーションなどで簡単に出来ますし、実際に変更する手続きも難しくはありません。

契約内容確認からスタート

グラフ

サイト利用が便利

電力会社やプランを自由に選べるようになりましたが、どの人にもこの会社やこのプランが最も電気料金が安くなりますと言うことはできません。電気使用量やライフスタイルによって、最適な会社やプランは異なってきますので、しっかり比較した上で最適な会社とプランを選択するようにしてください。電気料金が安くなるかどうかを比較するには、まず最初に現在契約しているプランがどんなものかを確認してください。電気使用のお知らせと書かれている検針票には電気料金や使用量の他に契約内容も記載されています。基本的プランは従量電灯プランで基本料金(または最低料金)+電力使用量で価格が決まります。オール電化の家に住んでいるのであれば、別の契約になっていることが多いです。ここでは従量電灯で契約している場合で説明を続けます。自分の契約内容が分かったら、他の電力会社に変えた場合には電気料金がいくらになるかを比較していきます。いくつもの電力会社の電気料金をひとつひとつ計算するのは大変なことなので、電気料金比較シミュレーションサイトを使うと便利です。新電力会社の料金設定は基本料金が安い代わりに使用量に対する料金が高くなったり、その逆もあります。前者は電気使用量の少ない家庭にメリットが多く、後者は使用量が多い家庭にメリットが多くなります。新電力会社の中には通信費用やガス料金とセットにすることによって更なる割引を得ることもできますので、過去の検針票とともに自分が利用している通信会社やガスなどを含めて検討するようにしてください。