電気料金を比較すれば費用がグッとさがる!

運用後の対応が大切

バイオ燃料

生き物相手の発電事業

バイオガス発電を導入する時には、稼働後の保守管理やメンテナンスを含めての業者選定が大切です。バイオガス発電に関わらず、発電事業はプラントを建設した資金を発電事業によって回収していくことによって黒字化していきます。バイオガス発電は省スペースでプラントを建設できるのが特徴で、初期投資コストは定額となりますが、発電効率が悪いといつまでも初期投資費用を回収することができません。そのため、プランニングからプラント設計・建設からメンテナンスや保守管理にいたるまでを全てを包括して頼れるパートナーが必要不可欠です。日本ではバイオガス発電の稼働数が少ないため、運用面に関する知識や経験を有している業者はあまり多くありません。いかに初期投資を低く抑えることを考えるよりも、先を見据えたトータル的視点を持った業者を探すようにしてください。バイオガス発電は微生物が嫌気状態で有機物を分解するときに発生するガスを燃やすことによって発電します。生き物である微生物は、いつでも同じように扱える化石燃料と違って世話をしてあげないとガスを上手に生み出してくれません。糞尿や生ごみなどの資源の量と微生物の割合を変えたり、嫌気状態がしっかり維持できているのかを、豊富な知識と長い経験から調節・管理していく必要があります。オンラインによるメンテナンスや24時間対応のメンテナンスができる業者は、突然のトラブルでもすぐに対応してくれるので安心して任せることができます。